2013年9月29日日曜日

End of Summer, End of Overhauling

暑い夏が終わりました。本当に暑かったです。7月、8月はツーリングらしい事はしなかったです。

そして、日々のメンテナンスは絶え間なくやっているのですが、そろそろというか、もう随分前に、オーバーホールというくくりからは抜けています。ブログを読み返してみると去年の12月に配線引き直しをしているのですが、オーバーホールとしてはそれが最後の作業ですね。それ以降はちょっとしたメンテです。

ということで、もうここに書く内容は無いのですが、ツーリングのことやメンテのことなど、気が向いた時に気楽に書いてみます。

で、マジで暑かった夏が終わった9月、最初の連休は台風が来ていたので、次の連休、めちゃくちゃ素晴らしい天気の中、久しぶりにロングに行ってきました。

佐久、ビーナスライン、乗鞍、国道471、41と通って富山へ。翌日能登半島を一周し、帰りは国道41、471、奈川村、伊那、杖突峠、諏訪湖、県道40号、佐久、のルートで、450キロ、350キロ、500キロ。満足です。ショベルで日本の道はほんとうに最高ですね。そして、ハイコンプなエンジン、これも最高です。前に乗ってたノーマルのエボよりもガッツリパンチがありますね。

佐久からビーナスラインへ向かう途中。
天気が最高。

ビーナスライン。
交通も少なく、気持よすぎてヤバイ。

二日目の日の出。
早起きは気持ちいい。

能登半島の海岸線で。

海沿いの道が気持ちいい。クルマはほとんどいない。

なぎさドライブウェイ。
気持ちいい。

10年前に素通りした兼六園。

ザ・日本の田舎道って感じ。

と、素晴らしい1200キロのツーリングを終え、今日はちょっとメンテナンス。エンジン、ミッションオイルを交換し、ロービーム、ハイビームの順で切れたライトバルブも交換。もしかしたら切れてると思ってみてみたらやっぱり切れてたブレーキランプも交換し、クランクケースからロッカーカバーに行くオイルラインのオイル漏れを直し、フロントブレーキフルードを継ぎ足して完了。

次のツーリングが楽しみ♪

2013年3月3日日曜日

メインテナンスは洗車場でやるに限る

たぶん、オイルタンクのドレンボルトからオイルが滴り、だいぶ下回りが汚れてきたので洗車することにしました。そーゆーのはあまりというか、ほとんど気にしない性格なのですが、貸してもらっているガレージにオイルの匂いをまき散らして周りにご迷惑な状態になってしまうとよろしくないので、気づいたら綺麗にしておきます。

ということで近所のバイク屋へ。洗車なんて家の前の道路でもできますが、お店に行くとチェーンクリーナーとか、名前は知らないけどよく落ちる洗剤とか、しつこい油汚れを落とすのによく効くケミカルを使わせてくれるので助かっています。ちなみに30分500円。

そんなわけでバイク屋の洗車場へ。一通りバイクを見てみると、ドレンボルトじゃないところからもだいぶオイルが漏れていました。クランクケースとロッカーカバーをつなぐオイルラインのクランクケース側です。そこのナットが緩んでいたので閉め込んでみたけど、治りません。どーも、パッキンがダメなようです。

バイクは30分単位でお金のかかる洗車場に入れてるし、そもそもここを直さないことには洗車する意味が無いし、でもパッキンなんて持ってなかったはずだし、でも、できることなら30分位内は無理としても、1時間で直して洗車までしたいなー、とあれこれ考えます。まずは、ダメ元で多少の予備パーツを入れてあるサドルバックを探ります。あった、パッキン。これはびっくりw。ってことでさくっとパッキンを交換して修理完了。

ところが。オイルラインがグラグラしてます。確実に、また漏れる感じです。よくよくみてみると、どーもパッキンとナットの大きさがあっていません。あってはいけないクリアランスがあります。今までこんなのでよく走っていたなぁと感心です。そして、大きさがあってないパッキンに気づかず直したつもりになっていた自分にもちょっと呆れますね。



しょうがないので、パッキンを少し加工して2個使い、それでも開いているクリアランスは液ガスで何とかし、応急処置です。いや、これで漏れなかったら恒久処置にしますが。そして、なんとか治して、10分くらい残った時間でちゃちゃっと洗車もし、完了です。結局やりたかった洗車は10分だけにしたなんてゆー予想外のイベントでした。昨日は予想外のイベントも含めて1時間で終わると思っていたサドルバックステー取り付けが予想外の予想外で3時間かかったし、まぁ、なんてゆーか、人生退屈しません。けれども、バイク屋が1時間分の料金を30分にサービスしてくれてこんなトコロでバランス取れているのあなぁなんて思うのでした。





2013年1月7日月曜日

ツーリングは冬に限る

人もバイクも暑いのはなんともならないけど、寒いのはなんとかなるってことで冬のツーリングが好きです。

夏にオーバーヒートの心配がないバイクに乗ってたら違った季節を好きになったのでしょうが、いまのショベル以上に楽しいクルマやバイクを所有する可能性は低いだろうなぁなんて思う2013年の正月でした。

房総半島のどこかの海岸
最高気温5度くらい、風がイタイ



2012年12月8日土曜日

配線引き直し cont.

一ヶ月前に、ブレーキランプが光らないことから始まった配線引き直し。とっくの昔に終わっているはずだったのですがそうはいきまへんね。

先週は、前日までちゃんと機能していたブレーキランプスイッチが壊れているのを確認して終わりました。しかもご丁寧に前後とも。

パーツをオーダーして今度こそバッチリでしょ、と挑んだ今日、どーゆーわけかウィンカーリレーが焼き切れて終了です。奥が深いっす。

ウィンカーリレー内部
配線が焼き切れている

2012年11月18日日曜日

配線引き直し

てなわけで配線を引き直すことにしました。

週末、結構な時間作業したけど残念ながら終わらなかったっす。タンクからガソリンを抜くのに思いの外手こずったのは思わぬ誤算でした。

ヘッドライトシェルの中

外したメインハーネス


バイブル


今回は楽してMain Harness Wiringというほとんどポン付けなんだけど、実際には結構手間のかかるメインハーネスやらを揃えておいたけど、これを一本一本手作業でやったヒラさん http://www.go.tvm.ne.jp/~konomi/fxs4.htm は本当にスゴイと思う。

2012年11月11日日曜日

電圧があれば良いってわけではない

リヤのブレーキランプが切れていました。

夏、車検場に行って切れていることに気づき、近くのバイクショップに行き、運良くおいてあったショベル用のブレーキランプ。1400円。半年しないのに切れてしまいました。

そんなわけで新品に交換するも、光りません。端子のところで電圧を測ってみるときっちり12Vあります。接触不良かと思い、電球側の端子に半田を盛って形状を変えてみたり、コネクタ端子を磨いたり、あれやこれややってみるもうまくいきません。

・・・・もしかして、十分な電流が確保できてない?

どこかで断線しかかっていて、電圧はあるものの十分な電流が流れず、結局電力が確保できない。そんな可能性があります。電圧があれば良いってわけじゃないのですね。

書いていると大したことなさそうだけど、ここまでたどり着くのに1時間以上かかってますw。電圧がきっちり12Vあるだけに、セルモーターの時よりたちが悪いです。過去最高のトラップですな。

そして、色々なところにテスターと、電球を加工した通電チェッカーを当てながら故障箇所を特定しにかかるのですが、今日は特定まで至らず悔しい敗北でした。セル、ブレーキランプ、と電気系の故障が続いてますし、ところどころ断線を直したことがありますし、そろそろ配線引き直しですね。というか、エンジン開けた時に一緒にやっておけばよかった。

ブレーキランプに導線をハンダ付けした通電チェッカー。
テスターで導通があってもこれを使うと光らない。




2012年11月3日土曜日

エレクトリカルイシュー

電気のトラブル。一番知識があるし、一番得意な電気のトラブル。けれども、ほぼ完璧に理屈がわかっていても実際のトラブルシューティングとなるとまったく話は別ってのの良い例が今日のメンテでした。

セルボタンを押してもセルが回らない、ってのが再発です。先日直せたはずだったのですが、結局は直ってなかったです。

スターターリレーがカチカチいっている音は聞こえてるんですがね、ソレノイドを動作させる(その後スターターモーターが動く)だけの電力が無さそうな感じです。

ということで、テスターを出して色々なところの電圧を調べます。


上の図は、セルボタンを押した時の動作をものすごく単純化した図です。どーゆー理屈でセルが回るかを説明します。

まずセルボタンを押すと、①のラインに12V の電圧がかかり、スターターリレーを動作させます。

すると、スターターリレーに来ている②のラインが③のラインにつながります。②のラインは12V なので、それが③につながることによってソレノイドに12Vの電圧がかかり、結果としてセルモーターを動作させる、ってことですね。

そして、今回のトラブルの原因はソレノイドに来ている③のラインの電圧が低すぎるのが問題っぽいので早速そこから計ってみます。

結果は7.6Vでした。
こんなかんじでテスターを用意し、
端子をうまく当てたままセルを押す
結果は7.6V

なにが、どうして4.4Vも落ちるのかさっぱりわからなかったけど、ここからトラブルシュートの始まりです。

まずは大本のバッテリー。通常時12.2V、セルを押すと11.5V。まぁまぁ正常の範囲とします。

次にブレーカーのところ。通常時11.8V、セルを押すと9.5V。ん〜〜〜? ブレーカーに来るまでに0.4Vおちて、セルを押すと更に2V以上落ちるの? 

ってことで、これらのファクトから言えることは
  ①バッテリー→ブレーカーで2.5Vの電圧降下
  ②ブレーカ→ソレノイドで2Vの電圧降下
この2つの問題があるってことですね。ここからロジックの旅が始まります。

ゴールに着くにはまずどちらか一つを直して様子を見て、必要があれば残りの一つもなおすという手順です。ということで簡単そうな②の問題から取り掛かります。

ブレーカーとソレノイドの間にあるのはスターターリレーなので、まずソコを疑いたくなりますが、それはないでしょう。リレーの構造からして2Vの電圧降下が起きるなんてありえません。

ということで、③のラインの抵抗値を測ります。ほぼ0Ωです。②のラインが怪しいです。実は②のライン、ブレーカーから直できているわけではなく、すぐ近くにあるブレーキスイッチの12Vラインから分岐させています。

その分岐にはコネクター形状のものを使っているのですが、そのコネクタが接触不良を起こしている可能性があります。ということで、ブレーカーから直接一本線を引っ張り、スターターリレーにの線に繋ぎ直します。接続部分はちゃんとハンダ付けします。


これならバッチリです。②のラインの抵抗値を計ってみますがもちろん0Ωです。②のラインが0Ω、③のラインも0Ω、理屈通りならソレノイドには9.5Vの電圧がかかるはずです。

そして、セルボタンを押してみますと、、、、セルは回りません。9.5Vでは足りないのか、それとも直したつもりで直っていなかったのか。先程と同様に各所の電圧を測ってみます。

ブレーカー→9.5V、ソレノイド→7.5V。全然変わっていません。
どう考えてもスターターリレーで2V下がっているとしか思えません。

散々悩みます。今日は負けたな、と思い始めます。

そして、ふと、コネクタの接触部分が汚れいてることに気づいたのでパーツクリーナで洗浄してみます。

ビンゴ!

セルボタンを押すと何事もなかったかのようにセルが回ります。

今回もまた遠回りしましたが、目の前にあるパズルはなんとか解けました。
そして、得意な電気のはずだったのですが、コネクタの汚れで電圧降下、しかも2Vも、というところまではまったく気が回りませんでした。2〜3時間のパズルでしたが意外なところに正解の鍵がありました。

トラブルを直したバイクでいつもの城南島へ。夕焼けがキレイですなー。


明日は予定していたイベントがキャンセルになったのでどこかに遠出してみます。